仕事その他
by nishi-kei
カテゴリ
全体
アイランドコート
素材×
つくる魂
角力建築
豆の様な知識

建築
街中に○○ありけり
現場魂
役所
未分類
以前の記事
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2007年 12月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
お気に入りブログ
リンク
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


4.5坪

f0126537_046515.jpg

[PR]
# by nishi-kei | 2009-05-27 00:47 | つくる魂

地盤改良-柱状改良

f0126537_118317.jpg
f0126537_1182678.jpg



今回の地盤改良は 柱状改良です。
読み方は”チュウジョウカイリョウ”

読んで字の如く、柱(ハシラ)状のコンクリートにて、建物を支えます。
この工法は、地面の数メートルが”弱い”と判断されたときに使います。
今回は2mの柱型を何十本も現場で施工しました。

写真が、施工車です。意外にコンパクト。
二枚目は、コンクリート作るミニファクトリー。
大量のセメント袋です。正確にはセメントとは少し違いますが似たようなものです。

直径60センチ、長さ2mの柱型を次々に作っていきました。
地盤改良は、その場所にあった適切な方法で対処しましょう。
[PR]
# by nishi-kei | 2009-05-22 01:20 | 豆の様な知識

役所巡り

f0126537_15112425.jpg

江東区役所

東陽町

ヌラヌラタイルが印象的
役所にはこの手のタイルがよく使われていますね。
[PR]
# by nishi-kei | 2009-04-19 15:11

土間

f0126537_1571257.jpg

玄関には土間。
元々、土間と一段上がった床敷部分は対等な存在であった。
この二つの要素が一つの建築物が結合した形態が基本となっていた。
両者の結合部位の要の部分にある柱が大黒柱となる。


現代は単純に靴を脱ぐための場所と位置づけられているが、本来、農家や手工業、炊事などを行う作業場として重要な役割を持っていた。

水で腐ることもなく
燃え移るのも少ない
掃除も簡単に済ませられるため重宝されていた。
[PR]
# by nishi-kei | 2009-04-16 15:07

f0126537_19315563.jpg

レストラン
[PR]
# by nishi-kei | 2009-03-31 19:31

看板・サイン

f0126537_1303594.jpg

[PR]
# by nishi-kei | 2009-03-31 01:30

小技

f0126537_1725153.jpg

H綱の溝をデザインに取り込む。
[PR]
# by nishi-kei | 2009-03-29 17:25

連なる軒並み

f0126537_23333021.jpg

ほぼ一定の間隔で
三連以上並ぶと
そこにリズムが生まれる。
個々で存在するものから
複数でも一体感が得られるようになる。
[PR]
# by nishi-kei | 2009-03-22 23:33

植物×建物

f0126537_0372339.jpg

[PR]
# by nishi-kei | 2009-03-22 00:37

階段手摺色々

f0126537_036995.jpg

[PR]
# by nishi-kei | 2009-03-22 00:36